引き寄せの法則を論理的に!

保証されない将来のために「今」を無駄にしますか?このブログは「世の中の仕組み」や「哲学」「自己啓発」について考えます。

最近の引き寄せの体験です。

「OOさん、最近会っていないけどどうしてるかなぁ」
と思うと、連絡がありました。

 

深海魚を食べるテレビを見ていました。
「深海魚って食べれるのか。1度た食べてみたいなぁ」と思ったのですが、
後日旅行にいったら深海魚が食べれる店の前をたまたま発見しました。

 

へ? って思うかもしれませんが引き寄せの基本です。

引き寄せの法則とは?

自分の思いが対象物(ヒト、モノ、金、環境)に集中すれば、自分に引き寄せられるという仮説

つまり強く思った対象を手に入れることができるってことです。

そんなことできねーだろって思いますよね。

 

私もそんなスピリチュアル的
なことは信じていません。

 

占いもただのエンターテイメントと思っています。

しかし、この「引き寄せの法則」を
科学的・物理学的根拠を用いて論理的な説明が出来たら・・

本日は論理的引き寄せの法則を深堀します。

 

思考は現実化する   byナポレオン・ヒル

有名な言葉です。多くに成功者は引き寄せの法則を使って成功しています。

 

引き寄せの法則を意識して行っている成功者
京セラ:稲盛和夫さん
銀座まるかん:斎藤一人さん(高額納税日本一の方です)

 

引き寄せの法則を意識しているかわからないが、結果引き寄せの法則ロジックを取り入れている成功者
ゴルファー:タイガーウッズ選手
ボクサー:村田諒太選手
サッカー:本田圭佑選手
フィギアスケート:羽生結弦選手
野球:イチロー選手
発明家:トーマス・エジソン
ほぼすべての成功者

私は趣味で成功哲学書や成功者・
起業家の本や伝記を読み漁っています。

 

すると全てに人にある共通点を見つけました。

意識するもしないも引き寄せの法則を実践しています。

 

 

引き寄せの法則を論理的に解説

抽象的であったりスピリチュアルでは
なんか胡散臭いと思います。

 

好きな人はごめんなさい。(ダイバーシティととらえてください。)

よく宇宙の法則なんてブログで書いて
論理的な説明ができない人がいるから誤解を招いています。

 

引き寄せの法則はきちんと
説明すれば良い事なのに、
説明できないがゆえに
「変な人、ヤバい人、宗教」
とのイメージを待たせてしまっているのです。

では早速引き寄せの法則を論理的に解説します。

まずは「波動」について論理的に
引き寄せの法則には「波動」って
ワードがよく出てきます。

 

またこれが変な誤解を招きます。

実は人の思考や物には波動があります。

 

よく「あの人はオーラがある」とか
イライラしている人がいたり、
怖い人がいると「空気が変わる」
なんてのは波動を感じるからです。

 

神社や仏閣にいくと
「気持ちが良い」とか「いい雰囲気を感じる」
なんてのも物や空気が出している波動です。

では波動とは何でしょうか?

 

答えは量子です。

波動とは量子なんです。

量子とは、「この世の最小単位」の事を言います。

 

物には原子⇒原子核、
電子⇒陽子、
中性子⇒素粒子と分解できます。

 

その最小単位が量子です。

 

量子とは「波であり粒子でもある」って有名な言葉があります。

難しくて全てを理解できませんが量子は「光の二重性」と呼びます。

コペンハーゲン解釈という理論があります。

 

光は「波」ですが、観測することに
よって「粒子」になるというのです。

 

意識すると変化するのです。

 

有名な「二重スリット実験」って
のもあるので、ぜひググってください。

 

YouTubeでもあります。(ここで解説すると文章が膨大になるので省略します)

観測者の思考が量子に影響を
与えるということは、
人の思考にも波がでています。

 

物からも波が出て思考からも波が出る。

 

朝嫌なことがあってイライラ
していると机に足をぶるける。

 

通勤していると事故にあったり、
電車が止まったり、変な人に絡まれたり、
道を間違えてドツボにハマる。

 

そんな経験はありませんか?

 

先日動物園に行ったら激込み!
行くまでに渋滞、
そして駐車場渋滞。

 

帰りも渋滞で駐車場から出れず!
イライラしながら帰ると道を
間違えさらに遠回り、
そして渋滞にはまる。

 

イライラして空気が悪くなる。

 

まさに引き寄せです。

 

自分の波動が同じものを引き寄せました。
ここでポイントです。

 

引き寄せの法則は自分が欲しい状態を引き寄せるのではなく、自分と同じ状態の物を引き寄せます。

イライラしたら波動(波)がでて、
同じ周波数の物を引き寄せる。

 

引き寄せるな行動をしてしますのです。

 

今日は素晴らしい日と本気で思うと、
素晴らしい日となります。

 

自分で現実を作るからです。

 

素晴らしい材料を自然と探し出します。

 

自分の状態にあったものを引き寄せるのです。

 

先ほどのヒトの例えもそうですが、
「類は友を呼ぶ」がまさにそうです。

 

良い人には良い仲間が集まります。

 

脳を勘違いさせろ!

有名な脳科学者が言いました。

「脳にとって現実なのか、非現実なのかが問題ではない。現実と感じた方が正しい」
「現実は存在しない、解釈だけが存在する」

解説すると現実な体験でも空想でも
リアルに感じた方を優先します。

 

つまり臨場感があるほうを脳は現実と認識します。

 

よく医学でプラセボ効果があります。

 

ただの乳糖を「よく効く痛み止め」とか
「酔い止め」と言って患者に飲ませます。

 

すると信じた患者の多くは効果が出ます。

 

またこんな実験があります。

 

鉄の棒の先を赤く、まるで火鉢から
取り出した棒のように作りました。

 

もちろん熱は持っていません。

 

それを子供に「火鉢から取り出した棒だ」
といって腕に押し当てました。

 

子供は「熱い」といって泣き出しました。

 

すると本当に水泡が出来ました。

 

脳が反応したのです。

 

現実か非現実化ではなく、
リアルと感じた方を、臨場感のある方を現実としました。

 

ここでポイントがあります。

 

脳をダマせば良いのです。

 

 

皆さまは映画「マトリックス」を観ましたか?

 

現実と仮想現実、人工知能の話ですが、
まさに引き寄せの法則や量子力学を表現しています。

 

有名なシーンがあります。

 

「速く動こうとするな、自分が速い事を知れ」

 

 

これは速く動こうと考えることは
「遅いから速く動きたい」と脳は解釈します。

 

ではなくて「自分が速いと知る」とすれば
自分はもうすでに「早いんだ」と脳をダマせます。

 

よって脳は現実を作ります。

 

もう一度言います。

引き寄せの法則は自分が欲しい状態を引き寄せるのではなく、自分と同じ状態の物を引き寄せます。

成功者は「成功したい」ではなく「自分は成功した」と考えます。

 

すると成功に必要な情報(状況)を無意識に見つけているのです。

 

このようなロジックが「引き寄せの法則」なのです。

 

すると自分と同じ波動に共鳴します。

 

つまり自分の同じ状態の物を引き寄せる。

 

 

Pocket
LINEで送る