久々のビットコイン情報!

ビットコインの仕組みを理解すれが、2140年で消滅するのがわかります

2017年、1ビットコインが200万円を越したのが懐かしいと感じる今日この頃。現在は42万円台を推移しています。

 

「これから復活する」「さらに下落する」など意見が分かれますが、仕組みを理解すれば今後のビットコインがどうなるかわかると思います。

 

ビットコインはマイニングがあってこそ価値がある仮想通貨です。ここが非常に重要なポイントです。つまりマイナーによるマイニングがビットコインにとっては命!

 

マイニングとは
仮想通貨の取引を承認する仕組みです。取引はマイナー(マイニングをする人)のコンピューターが膨大な計算式を解いて承認作業をしています。その計算をしたマイナーは仮想通貨を報酬として得る仕組みです。金鉱山を掘り当てる作業を採掘(マイニング)と呼び、そこからきている名称です

ビットコインは毎日1800BTC発行され、マイナーの報酬となっています。

しかし、ビットコインには半減期というシステムがあり3~4年ごとに半減期を迎えます。

次回の半減期は2020年になる予定です。半減期を迎えると、マイナーへの報酬は単純計算で半分に低下します。

 

元々ビットコインは総発行枚数は2100万枚と決められているため、半減期を迎え続けた結果、2140年にはマイニング報酬がなくなります。

 

マイナーはマイニングの報酬目当てでマイニングをしています。報酬がなくなればマイナーは高額の電気代を払って、しかも苦労してマイニングをするインセンティブがなくなります。

 

するとどうなるか?・・・

 

マイニングな無ければビットコインは使用できなくなる、つまり存在しないのと同じです。

 

まだ120年先の事と思うかもしれませんが、消滅する通貨を所有しようとする人はいるでしょうか?

 

もしかしたらビットコインのシステムが変わるかもしれませんが、これは保証のないギャンブルと同じです。

 

だったらイーサリウムやノアコイン、メディカルチェーンなどの仮想通貨を持った方がまだ可能性がある気がします。

 

これからどうなるか・・情報を持つものと持たない者の格差が出るのではないでしょうか?

 

情報を知らない人達の間で、ビットコインの再ブームが一時的に来るかもしれませんが・・・

 

そう考えると、堅実な投資をした方が将来のためになると考えます。



月々1,000円からムリなく資産形成。スマホ・PCから簡単口座開設!

Pocket
LINEで送る