文字数稼ぎをしている本

本は好きだが・・

私は自分の知識を向上させるために多くの本を読み漁りました。
でも正直本を読むのは苦手です。

何度となく途中で読むのを辞めたり、読んでも頭に入らなかったり。

なので私が読み切った本たちは、面白い本・読みやすい本などだと思います。

しかし、その本に出会うまでには多くのの時間とコストをかけてきました。

 

ここで感じたのは文字数です。

 

私の脳みそでは本一冊を読むのが一苦労。

ここで疑問が・・

 

本はここまで文字数がなければいけないのか?

 

一般的には本は一冊十万文字だそうです。業界ルールがあるみたいです。(まったく業界を知らない私が聞いた話なので、間違っていたらすみません。)

ってことは、十万文字分のネタがなければいけません。そこまでネタがあればよいのですが・・

 

ここで点と点がつながった気がしました。

とても良いネタの本、最初は面白いと感じた本など数多く出会ってきた私ですが、途中で読むことをあきらめてしまった本がいくつもあります。

単純に私は読書が苦手だからと無理やり思いこんでいましたが、もしかすると・・・って気になってきました。

 

とても良い内容の本があったとします。

しかし、その内容を伝えるには十万文字は必要ありません。

しかし、編集社の縛りで無理やり十万文字にしなければ出版することが出来ないとします。すると無理やり文字の肉付けをします。

結果、内容が薄くなります。

 

例え2000字程度でも質の高い本を作ることが出来ると思います。

そう考えると時間効率を加味して、必要最低限の文字数で読みたいです。例え2000字程度でも質の高い本を作ることが出来ると思います。ってことは既存の本の1/50で欲しい内容をインプットできます。

 

本来ならchapter1で完結できる→ある程度の単価で販売しなければならない。これが悪循環にあるのではと考えました。(あくまでド素人の私の思い込みです。)

 

であれがchapter1で完結できる本があればニーズは高いと考えます。

Pocket
LINEで送る