これまでの仮想通貨投資を振り返ると

仮想通貨投資を振り返ると

これまでの仮想通貨の傾向を振り返る。

ビットコインやアルトコインなど
仮想通貨バブルが始まった。

2016年12月の時点では9
万円台だったビットコインは、
2017年12月には230万円台になった。

これは17世紀にオランダで発生した
チューリップバブルの高騰を越え、
史上最大の投機として注目を集めた。

誰でも何を買っても値上がりし、
億り人と言われる者が続出した。

しかし、大手取引所コインチェックの
ネム流出事件や各国の規制強化などの
影響から仮想通貨の相場は大暴落した。

かなりの損失を出した人も少なくない。

このような背景からバーチャルデータ
でしかない仮想通貨を再び危惧する声もある。

仮想通貨の値動きばかりに気を取られているが、
重要なことは仮想通貨そのものではない。

その基礎になっているブロックチェーン
テクノロジーが重要である。

これはブロック化したデータをすべてリンクし、
ブロック化したデータにはハッシュ関数の
暗号が組み込まれているため、書き込まれるためにはこれを解読する必要がある。

ブロックチェーンではこのような
暗号化のテクノロジーによって、
サーバー依存のセキュリティーを確保する必要がない。

中央集権のサーバーシステムと比べ、
分散台帳による管理コストは大幅なコストダウンにつながる。

さらに厳重なセキュリティー確保の必要もない。

もっと言えばイーサリアムのような
プログラムの自動実行機能を実装した
システムでは、サーバーの機能のほとんどが自動化される。

そのため低コスト・高セキュリティーとメリットばかりである。

 

これからの仮想通貨投資には

 

現時点では仮想通貨は低迷期に入っているようと感じる。

しかし、仮想通貨は消滅するどころか
どんどん拡大することは間違いない。

ある分野で適用された有力な
ブロックチェーンとそれが生成するコインは、
市場で高値で取引され、投資の有望な対象になる。

注目するのはやはりブロックチェーンである。

各国が注目し、市場とは裏腹に投資熱が加速している。

ここでポイントは、各分野でのプロジェクトとの融合である。

2017年は仮想通貨元年

2018年はブロックチェーン元年である。

これはら意味のない仮想通貨は淘汰させ、
本当に必要とされる仮想通貨だけが生き残る。

さらに言えば、これから機関投資家たちが
仮想通貨投資に力を入れてくると考える。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

 

日本の取引所のデメリットは手数料が高すぎることです。

手数料が安く日本語対応を行っている
取引所について知りたい方は下記の記事をご覧ください。

オススメ取引所の記事はこちら

Pocket
LINEで送る