超初心者のための暗号通貨(仮想通貨)入門

 

暗号通貨(仮想通貨)のイメージはどうですか?

 

難しくてわからない?

 

読者の中には
・暗号通貨の仕組みがわからない
・そもそも暗号通貨って必要?
・現金で十分

 

って人もいるかもしれません。

 

嫌になって・・

みなさんはこんな感じですか?

 

しかし!!

 

この記事を読めばきっと

暗号通貨(仮想通貨)の可能性にワクワクすると思います。

 

暗号通貨とは

お金と聞いて連想するのは、
円やドル、ユーロがまだまだ一般的だと思います。

 

これらは国が作っているお金で法定通貨と言います。

 

日本では日銀がお札を刷って発行します。

 

しかし、暗号通貨は国が作っているわけではありません。
(一部の暗号通貨は国が作っているものもある)

 

つまり実態がある通貨ではなく、ネット上のバーチャルなお金です。

 

暗号通貨は誰が作る?

日本円は日銀が作る。では暗号通貨は誰が作る?

 

答えは誰でも作れる。もちろんあなたでも!

 

既存の暗号通貨
・ビットコイン
・イーサリアム
などなど

 

世界のどなたかが作りました。
誰でも作れるのですから
(もちろんスキルがないと作れませんが・・)

 

仮に暗号通貨のスキルを習得した太郎君がいました。

 

太郎君はタロウコインを作りました。

 

もしタロウコインが他のコインに
ない付加価値があり、人気が出れば価格が高騰します。

 

太郎君はステータスが上がり
満足感を得ました。

 

さらに作成したコイン価格が
上がるので、莫大な富を得ることが出来ました。

 

ってなったら作りたくなるでしょ

 

何のために作る?

世の中はいろんなアイディアや
テクノロジーによって、どんどん便利になっています。

 

みなさん、10年前の生活と今の生活を比べてください。

 

インターネットや家電、
自動車など比べ物にならないくらい進化しました。

 

ハッキリ言って今10年前の暮らしをしろと言われたら・・

 

できますか?

 

本当に便利な世の中になりました。

 

それがお金でも起こっているのです。

 

 

「暗号通貨のメリット・強み」

1、全世界で使用できる
2、24時間いつでも使用できる
3、取引する国が違っていても両替がいらない
4、個人で取引ができる
5、手数料がいらない(銀行など仲介する機関を通さないため)
6、スマホがあれば誰でも使用できる
7、Apple,Microsoft,楽天など1000社以上で
ビットコイン決済ができる(今後さらに増えていきます)
8、日本のメガバンクも着手が始まっている
9、日本政府も2016年にビットコインを貨幣に認定した
10、持っておくだけで、価値が上がる

 

以前お伝えしましたが、
現在のお金は不便です。

 

紙幣を刷るにはコストがかかる、
保管コストもかかる、世界で使うには両替コストもかかる。・・

 

不便すぎます。

現在のお金を使うメリットはその通貨の国だけです。

 

しかし、資本主義存が存在する以上、国民は政府の縛りに付き合う必要はありません。

 

実際、今使ている電子マネーや
クレジットカードなどもある意味、暗号通貨ではないでしょうか?

 

実際お金が存在しませんよね?

 

信用の元、バーチャルな取引をしているのです。

もっと言ってしまえば、
今の紙幣もお金ですか?
日銀が刷った紙切れですよ。

 

これはお金だってみんなが信用しているからお金として成り立っています。

 

つまり紙幣も仮想通貨って事。

 

暗号通貨(仮想通貨)も同様に
みんながお金だって信じていたらお金になるのです。

 

ネット上にある、お金のデータです。

 

どうですか。

 

少しは暗号通貨について理解できましたか?

ビットコインとは?

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です