仮想通貨(暗号資産)はどうなったの?

仮想通貨は死んだ?

2017年、仮想通貨が脚光を浴びたのは記憶に新しいと思います。

バブっていましたねぇ。

よく理解していない素人さえ参入し、芸能人が自分の仮想通貨を発行するなどの加熱ぶりでした。
なかでも有名な仮想通貨と言えばビットコインです。

1ビットコインが200万円を超すくらいのバブルでした。バブルって恐ろしい(汗)

しかし、今となってはオワコン?・・名前さえ聞かなくなりました。

そういえば2017年は仮想通貨がらみのユーチューバーも多かったのですが、今は・・・ほとんどいませんねぇ

もう仮想通貨は死んでしまったのでしょうか?

 

現金信仰が強い日本ですが、昨今はキャッシュレス化が進行しています。

確か仮想通貨バブルの頃の謳い文句は「仮想通貨を使えば現金払いの無駄が省ける」でした。

しかし、キャッシュレスとなれば仮想通貨である必要はありません。マイニングやトランザクション(ザックリ言えば仮想通貨を維持する仕組み)問題を抱え、さらにボラティリティ(通貨値の変動幅)の高い仮想通貨はリスクでしかありません。

この流れでいけば仮想通貨はいらないとなってしまいます。しかし、今回はあえて必要な理由を考えてみます。

 

まず最初に考えるのはイーサリアムのスマートコントラクトです。

イーサリアムのブロックチェーンには契約情報が書き込めます。このテクノロジーによって正確かつ利便性の高い契約が出来ます。

例えば不動産契約です。毎回不動産屋に行って、住所氏名などめんどくさい内容を書かなければいけません。

しかし、ブロックチェーンに自分の情報を書き込んでおけば毎回めんどくさい事務処理は必要なくなります。契約も取引相手と公平に行うことが出来ます。

 

もう1つ、仮想通貨で重要なものは国に支配されない、非中央集権型の通貨という概念です。

国は通貨を発行できます。

さらに経済の動きを見て通貨の供給量を調整しています。つまり通貨は国によってコントロールされているのです。

話は少し飛びますが、ビットコインが有名になったのはシルクロードという違法薬物などを扱うサイトの支払い手段に使われたからです。

「足が付く」のを防ぐためにビットコインが使われました。(FBIによってサイトは閉鎖されました)

この事からも国や法定機関が関与しない通貨としての概念を印象付けたのです。

 

2013年、キプロスで金融危機(キプロスショック)が起こりました。その時、ビットコインの価値が上昇したのです。何故でしょう?

キプロスが財政破たんをしたため、EUは経済援助をしました。

その代わりにとキプロスの銀行に預けていた国民のお金(58億ユーロ)を差し押さえたのです。つまり国民は銀行からお金を引き出せなくなりました。

そのためキプロス国民は国を信用しなくなり、ビットコインを持つようになったのです。

 

他国の事と思うかも知れませんが、日本も借金大国であり少子高齢化です。いつ財政破たんするかわかりません。

もし日本が潰れたら、日本円はお金の価値が失われ、ただの紙切れとなってしまうのです。なぜならお金とは信用を数値化した物です。

日本が潰れる=日本の信用がなくなる=日本政府が発行しているお金の信用がなくなる=日本円が紙切れになる

このような事が起こるとどうなるか?

先ほどのキプロスと同じです。国の信用がないので国に支配されない通貨、そうですビットコインなど仮想通貨を持とうとするのです。

つまり国に支配されたくない人たちの間では仮想通貨を持つ意義が生まれるのです。

 

最近は貿易摩擦など経済が不透明です。IMFも金融システム上重要な国の7割がリスク状態と分析しています。日経平均も下落していることから再び未曾有の世界経済危機が起こってもおかしくないでしょう。

そうなると再び仮想通貨が脚光を浴びる日が来るかもしれません。

Pocket
LINEで送る