義務教育の矛盾、日本再建は不可能か?

義務教育とは?

まずは義務教育について知りましょう。

 

これを知れば今の不満から抜け出せるかもしれません。

 

義務教育ができたのは明治5年にできました。

 

国が日本国民の教育を義務化しているのです。

 

つまり日本国が強制的に日本国の教育を受けさせる制度です。

何故でしょうか。
その理由は明治期のスローガンにあります。

 

それは・・

富国強兵

 

富国⇒国家の経済的発展。
軍事力強化には資本が必要になりす。

 

つまり資本主義の体制を
確立しなければなりません。

 

資本家が労働者を雇って経済を発展させます。

 

資本家はなんでも言うことを
聞く忠実な労働者が必要となります。

強兵:軍事力強化。
徴兵制によって国民から兵士を集めました。

 

長官の命令に忠治な兵士が必要になります。

 

第二次世界大戦では「特攻」といって
ゼロ戦(戦闘機)に乗って、
敵の空母に体当たりをする作戦がありました。

 

 

ミサイルがなくなった日本軍は
兵士に自爆してこいと言っていたのです。

何が言いたいかとい、富国強兵のために
国の言うことを何でも聞く人間を
育てなければならなかったのです。

黒船来航依頼、政府は欧米からの
圧力を懸念していました。

 

つまり欧米諸国に対抗するための国策が富国強兵です。

そのために
・団体で同じ教室で過ごす
・チャイム音で全体に同じ行動をとらせる
・先生(指揮官)の言うことを聞く
・全員が同じ時間割にそって行動する
・他人と違う行動をする物に「レッテルを貼る」
・同じ学区で過ごさねばならない

このように富国強兵を目指すための精度がとられました。

 

忠実なロボット作成教育ですね。

熱くなりすぎて、ちょっと言いすぎたかもしれません。

 

戦時中は本当に捨て駒のような
ロボット製造教育でしたが、
現代は忠実で有力な労働者の育成です。

労働者です。

 

しかし、今までの常識では通用しない時代が来ます。

 

人生や価値観もアップデートしなければなりません。

 

労働者ではなく起業家を育てる教育が必要です。

話を戻しますが、義務教育は
正解主義となっています。

 

決められた答えを覚えて解答する、
つまり新たな発想、創造性を学ぶのではなく、
決まった答えを暗記する。

 

本当のロボットです。(この辺は後日モンテッソーリ教育で深掘りします)

怖い事に学校教育は明治から
現在まで変わっていないのです。

 

日本ヤバし!

この結果は現在顕著に出ていると思います。

 

自分で行動をとれない指示待ち人間。

 

主体性もなく不平不満口泣き言を
言い続けながら会社に属するサナダムシ。

 

 

周りに合わせ、誰かがやらなければ動かない。

 

まさに戦争にはもってこいの人材です。

 

結果日本はどんどん周回遅れになります。
世界からおいてけぼり。

 

ちなみに今後日本はナイジェリアにも
抜かれるとの分析もあります。

私はこの記事を書いた理由は、
不安を煽りたいからではありません。

 

改善したいからです。

 

現状を俯瞰して間違いを認識することです。
認識がなければ行動に移せないからです。

 

最近感じたこと

地域、年齢の固定化マジうざい

意味不明な日本のルールがあります。

 

学区と年齢分です。

 

ナゾすぎます。

 

これをおかしいと思えないと
義務教育に毒されてます。

 

我が家は県境です。隣の県には歩いて
5分で行ける学校があります。

 

雰囲気も良く子供に行かせたいのですが、
学区だの県が違うだので行かせてもらえません。

 

市内の学校へは子供のだと30分かかる
学校へ通わなければなりません。

 

しかし、環境悪すぎ。

少し考えてください。

 

義務教育中はずっと同じメンツで
過ごさなければいけません。

 

マンネリ化し刺激や新たな学びもない。

 

もし合わない人やイジメにあっても
逃げることができません、
檻に入れられているようなものです。

年齢も同世代としか、ツルまない構造が出来てしまいます。

 

どれだけ能力があっても同世代と
合わせるようになるのだ、
チャンスを奪う形になります。

このように、ナゾのルールや規制
によって日本国民の機会損失を作り上げているのです。

しかし、これではいかんと文科省も考え
「ゆとり教育」を導入しましたね。

 

結果学力低下となってしまいましたが、
外から見るとベースは義務教育で
単純に時間短縮をしただけのように思えました。

しかし、最近の学校は創造性を与える
教育へシフトしているようです。

 

世界から周回遅れとなりましたが・・

 

Pocket
LINEで送る