イーサリアムとは?をわかりやすく

 

この記事は私の大切な人に書いています。そのため何度も同じ説明が出てくる可能性があります。具体例を用いた表現をしているため、暗号通貨に精通している方は「解釈が違う」と思うかもしれません。コアコンピタンスは外していないつもりで書いています。ご了承ください

 

 

ビットコイン以外の暗号通貨(仮想通貨)を
アルトコインと言います。

 

イーサリアムは数あるアルトコインの1つです。

 

今ではビットコインに次ぐ第2位の時価総額です。

 

ビットコインとの違いは?

ビットコインは通貨の取引履歴が
書かれている台帳で管理しています。

 

P2Pという分散管理システム、
ブロックチェーンと呼ばれる台帳で
(もちろんインターネット上ですよ)
不正改ざん防止の仕組みで管理しています。
前回ブロックチェーン記事参照

 

ピンとこない方もいると思いますが、
すごい発明なのです。

 

それらの仕組みが通貨としての信頼性を確保しています。

 

イーサリアムは、このビットコインの性質に加えて、

台帳に契約の情報も付与し、管理します。

 

簡単な例で説明します。

 

「このお米をを買ってくれたら、次回購入すると半額にします」
と言われたとします。

 

口約束で次回購入すると、
「そんなこと知らない」
と言われ半額にしてくれなかったらどうでしょう?

 

「嘘つき!詐欺だ!」ってなりますよね。

 

その「お米を半額にする」って約束を
きちんと記録できるのがイーサリアムの特徴です。

 

つまりイーサリアムで「次回半額」などの
約束を交わすと、実際の取引で強制的に
半額に決済されるようプログラミング
がされます。

 

この仕組みを
スマートコントラクト

と言います

 

安心して取引ができるようになるすごいシステムです。

 

ビットコインにない付加価値です。

 

三菱UFJやトヨタもイーサリアムを
広める企業連合に参加しました。

 

イーサリアムを導入すれば所有権の
移転や契約自動執行など企業メリットがあるためです。

 

イーサリアムがあれば将来弁護士や
国会議員などの代理人は必要なくなるでしょう。

 

このように後から出た暗号通貨は
差別化によって既存の通貨より価値を高めます。

 

暗号通貨の価値=付加価値×知名度+安全性です

 

ちなみにブロックチェーンは取引をする人、
取引データを記録しているネットワークです。

 

つまり関わる人すべてが監視役になれるため
不正ができないすごい仕組みです。
前回記事参照

 

大切なのでもう一度言います。

 

動画で出てきたスマートコントラクト
ブロックチェーン上での契約(約束)システムです。
クラウドファンディングもできるようになります。

 

*クラウドファンディングがわからない方はググりましょう。
調べる癖をつけることは重要です

 

まとめると

 

イーサリアムではプログラムによって約束を強制できるってことです。

 

半額の約束なら、次回購入するときには強制的に半額になります。

 

以上がイーサリムの特徴でした。

 

PS:私が一押しの暗号通貨です。

 

日本一の暗号通貨取引所。イーサリアムも購入できます。
⇓     ⇓     ⇓
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です