【FacebookのLibra(リブラ)】って?をわかりやすく

Libra

フェイスブックが仮想通貨を出しました

6月18日にFacebookがLibraを開発しました。

 

リブラと言います。

 

ネイティブではライブラと発音するかも?

Libraの公式サイトも立ち上がっているので、気になる方は見てはどうでしょうか?

 

フェイスブックのLibraには今までの仮想通貨と違う特徴がいくつかあります。

 

Libra

 

 

特徴1:価格が一定

ビットコインのような値動きの激しさはなくなります。

これはステーブルコインなどと言ったりします。(ステーブルとは変化なしの意味)

 

法定通貨などに連動して価格の値動きを抑えます。

電子マネーをイメージしてもらっても良いと思います。
suicaのように使われていくのでしょう。

 

ビットコインのように1BTC30万円だったのが100万円になったりすると使いずらいですよね。

Librahaこの値幅を抑えて使いやすい通貨にするのが目的です。

ではLibraの価値を裏付けするのはどうするのでしょうか?

 

預けたお金(法定通貨)を担保にLibraを発行していくのだと思います。

Facebookが開発するとなれば多くの投資マネーが入ってくるのは必至です。

かなり安定性の高い仮想通貨になるのです。

 

 

ユーザー数が24億人以上!

Facebookが主導するって事はユーザーが使うことになります。

FacebookはInstagramなどのプラットホームを持っていますので既にニーズがある状態です。

 

さらにVISAやUbar、ebayその他多くの有名企業も参入しているので24億人では聞かないくらいの巨大プロジェクトになります。

 

 

Libraのブロックチェーンが個人で使える

個人でもブロックチェーン上でアプリケーションを作れるようになります。

イーサリアムのような機能も兼ね備えているのです。

 

こんなことが出来たら、Facebook国の法定通貨となるでしょう。
もしかすると基軸通貨になってしまうかも!?

 

 

どんな使い方をするの?

まだ発表はありませんが、きっと革命的なことが起こる気がします。

 

例えばFacebookで質の高い情報を発信している人に投げ銭的にLibraを送ったり、仕事の依頼をして報酬としてLibraを送ることもできます。

インスタでは週間ベストショットにLibra、いいねの変わりにLibraなんてことも!

 

これはあくまで私の想像に域ですが、もし自分がFacebook側ならやらない手はないでしょ!

Libra

 

 

Pocket
LINEで送る