将来って考えた方が良い?

保証されない将来のために「今」を無駄にしますか?このブログは「世の中の仕組み」や「哲学」「自己啓発」について考えます。

昔はよく「将来のために」
って言葉を聞きました。

 

今を生きているのは
「将来のため」
「老後のために」
と今を犠牲にしてきた気がします。

 

その将来のためは何をしてきたのかをまとめました。

将来のために勉強する
将来のために貯金をする
将来のために家を建てる(住宅ローン)

だいたいパッと出てくるのはこんなもんでしょうか。

私は上記3つを経験しました。
正直言うと苦しかったです。

 

本当に「今」を犠牲にしました。

 

もちろん楽しいなら良いと思います。

 

しかし、大半の方はつらい思いを
して行ってきたのではないでしょうか?

今は大企業がつぶれる時代です。

 

メガバンクですら存続の危機状態で
3万人のリストラを余儀なくされました。

 

不敗神話・安心安定はもう担保できません。

 

さらに今後は激動の時代へ突入します。

 

1年先さえわからない状態で
将来を考える必要はあるのでしょうか?

 

確約されていない将来のために
生きるのであれば今を大切にした方が得策と考えます。

時代の変容もそうですが、
いつ自分の身に災いが降りかかるかもわかりません。

 

自然災害や交通事故、病気などのリスクも潜在しています。

 

将来のために今を犠牲にして
ストレスをため込むと病気に
罹患する確率も上がります。

それでも将来のために今を犠牲にしますか?

次回は農耕民族と狩猟民族の違いから「将来をどうみるか」について書きます。

Pocket
LINEで送る