ICOとは?をわかりやすく

 

ICO(Initial Coin Offering) とは?

ICO(イニシャル・コイン・オファリング)と読みます。

新しく出来た暗号通貨を世に
広めるためにプレセールを行う事です。

 

株式ではIPO(新規上場)などがあります。
IPOの暗号通貨版がICOです。

 

今ではCAMPFIREなど
クラウドファンディングにて
資金調達する仕組みが支流ですが
暗号通貨界でもICOにて新規の資金調達が非常に容易になっています。

 時代は大きな金融革命が起こっているのです。 

 

今は暗号通貨関連に於いては非常に簡単に資金調達が出来るのです。

ICOを手がけるサイトが世界の中にあり、
そこに情報をアップするだけで簡単に資金調達が出来てしまいます。

 

イーサリアムを用いたICOは2017年だけでも300を超えるそうです。

 

しかし、それを悪用した詐欺案件が多いもの事実です。

 

本当に価値のあるICOを世界中から探しだすことが重要だと考えています。

 

ICOの理解を深めましょう!!

今までは資金調達するには様々高いハードルがありました。

ICOは一気にそれを簡素化させています。

 

企業はもちろん、個人でもICOによって
資金調達ができる時代となりました。

そして集める上での中間コストも大きく排除することができます。

 

システム上で全て行い、
人の手を殆ど介することがありません。

 

無駄な紙資料を作る必要もなく、ブロックチェーンで管理することができます。
ブロックチェーンとは?

 

ICOでは500万ドル程度(5億6000万円)は、
現在では1日で集まるそうです。

なぜそんなに簡単に集まるのか?
ここには大きな理由が存在します。

 

現在の暗号通貨市場は昨年は約1兆円でした。

 

2017年9月のデータでは役20兆円です。

多くの投資家がが新たなICO銘柄に群がっているのです。

 

新しい市場・産業が育つ上では、
このお金の循環の流れが非常に大切なポイントです。

金融革命がICOと言う形で大きく出来上がってきているわけなのです。

 

これは本当に凄いことですよね!!

しかし、まだまだ今は入口の段階でしかありません。

今から市場参加しても全く遅くありません。
これからどんどん参加者が増えるでしょう

 

大きなチャンスとして捉え、暗号通貨市場に介入した方が得策です。


 

ICOをどのように判断するか?

新しく市場に登場したMobileGOが新規ICOを開始しました。
最初の4時間だけでなんと500万円の調達が出来たそうです。

 

聞いたことない名前なのに・・

 

ICOのニーズが物凄く大きい事が分かります。

 

 

一部の人は現在の暗号通貨界は
バブルだと言っています。

 

しかし、暗号通貨の潜在能力はまだまだあると思います。

 

本質を深く理解した上で大きなチャンスを得てください。

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です