知らなきゃ損する生命保険の話

サルでもわかる生命保険の仕組み

ここにあなたを含めて100人のコミュニティがあります。ある日神様が現れ「100人の中で1人だけ事故に遭って治療に120万円かかる」と言われました。その1人は誰だかわかりません。もしかすると、あなたかの知れない。あなたの手取りは20万円、毎月お金は残らない。120万円なんて払えないって時はどうします?

 

みんなで協力すればどうでしょう?

 

みんなから月1000円ずつお金を集めます。1000円×100人×12か月=120万円

 

この120万で事故に遭った人を助けようって仕組みが保険です。

 

ちなみに保険会社がここから取り分を引きます。積み立て保険だとさらに引きます。または120万を保証するために毎月の支払1000円に上乗せします。

 

つまり保険料が高くなるってことです。

あなたは保険でどれだけお金を捨ててますか?

なんとなくわかりましたか?

 

言い方が悪いかもしれませんが、私は保険屋さんに不安を煽られて保険契約をした1人です。

 

いやー、どれだけお金を無駄にしたか。いかに保険の仕組みを知らずに過ごしてきたか(泣)。

 

後悔しても遅いので、今から保険を学びましょう。

 

 

保険屋さんが良く使うセリフがあります。

保険屋のテンプレート
老後は年金とは別に3000万円は必要です。今の保険は死亡保障とセットで貯蓄できる商品がありますのでお得で安心です。

こんな感じで不安を煽ります(言い過ぎ?)。

 

これを信じてしまうのは情報弱者、さらに契約してしまうのは思考停止です。

 

ちなみにこのテンプレートは積立型の保険商品を売るための決まり文句だと元保険屋で現FP(ファイナンシャルプランナー)が言っています。(彼も未だに保険を売っていますが・・)

 

2011年、未曾有の災害があったのは記憶に新しいと思います。多くの尊い命が失われました。

 

その時、保険屋は多くの補償をしなければならないと言われ株価は大暴落しました。倒産すると多くの人が思ったでしょう。

 

しかし、保険屋は潰れませんでした。

 

有り余るお金を蓄えていたので、すべて支払うことが出来たそうです。

 

それは我々が収めた保険料です。どれだけ保険屋さんが儲かっているかがわかる災害でもありました。裏を返せば必要以上の保険料を我々は払っている。

 

これからは情報を得て、お金のリテラシーを高めなくてはなりません。でなければ我々は永遠に搾取されてしまいます。

 

サルでもわかる生命保険の話を深堀り

一般的に言われているのは、支払う保険料は手取り金額の5%です。手取り20万なら1万円です。それと自分がどのライフステージに立っているかで決めるべきです。

 

1人なのか、子供はいるのか、親の年齢はなどなどです。

 

ほとんどの人は自分のライフステージを無視して必要以上の保険をかけている、そして保険屋の潤沢な資金の一部と化しています。

 

知識を得るために、まずは一般的な保険の種類を見てみます。

定期死亡保険

通称、かけ捨て保険です。

 

満期や解約金ない代わりに保険料が安いシンプルな保険です。保険加入後10年間とか60歳とか期間を決めて支払います。自動更新システムもあります。

 

年齢が高くなれば掛け金も高くなります。

 

よくもったいないと言われますが、一番効率的で理にかなっている商品です。後で説明します。

 

終身死亡保険

一生涯保証が続く商品です。

 

解約金が戻ってくる保険ですが、その分高くなります。

 

保険屋のテンプレートで解約返戻金で老後の貯蓄に回せると言います。

 

お得に感じて契約する加入者が多いですが、よく考えると損をすることに気づくでしょう。(これも後で補足)

 

積立保険

養老保険とも言います。

 

満期を迎えるとお金が戻ってくる商品です。もちろん死亡しても保険金が出ます。

 

ちなみに保険屋は我々の掛け金で株や債券などの金融商品に投資をしているケースがあります。

 

積立と聞くと良い印象がありますが、ぶっちゃけて言うと普段支払っている保険料に積立分だけプラスして加入者がお金を払っているだけです。つまり、保険を使わずに自分で積立しても変わらないのです。

 

逆に保険会社の倒産リスクだったり、途中解約をすればお金が戻ってこないので高リスクな積立と言えます。

 

保険とは確率論

保険屋が儲かる理由は他にもあります。損しない仕組みができているのです。

 

それは・・・・

 

確率論

どんな人が何歳で病気になるか、死亡するかを膨大なデータを用いて数値化します。そこで保険料をいくらにすれば儲かるかを計算して保険に上乗せします。つまり、加入者全体で相殺すればよいので、保険屋が損をしない高度な仕組みが出来ているのです。

 

我々は確率論の一部です。未来予測なんてできない、つまり払わなくてもよいお金を払う羽目になります。しかし、絶対自分は大丈夫って保証はない、だから「安心を買う」のです。

 

そうです、保険とは安心(不安)産業なのです。

 

保険の歴史を知れば仕組みがわかる

もともと保険はギャンブルから生まれたものです。17世紀の大航海時代、大英帝国(イギリス)は船で各地を訪れ、香辛料などの取引をしていました(かなり儲かっていたらしい)

 

しかし、当時の技術では船が沈没する確率も高かったのです。そこに目をつけた人が、どの船が返ってくるかとお金をかけて予想するギャンブルが流行りました。これが保険の始まりです。

 

現代においても、この仕組みだけが残っているのです。

 

 

改めて加入するなら定期死亡保険(かけ捨て)

かけ捨ての魅力は何といっても保険料の安さです。言いければ積立型は保険料が上乗せされているのです。掛け捨てと積立型を比べます。仮に30年間支払ったと仮定してみましょう

*死亡保険のみで計算しています
*医療保険とセット販売は除く(複雑にすることで、さらにわかりにくくしている商品です)
*大手保険会社の平均値で計算しています。

2000万円の死亡保障に加入すると
掛け捨て支払総額:160万円(4500円/月×30年)

貯蓄型支払総額:1000万円(29000円/月×30年)

 

毎月1万円の保険料を支払ったとき
掛け捨て保証額:4700万円
貯蓄型保証額:700万円

 

どうですか?

 

積立にするとお得に感じますが、補償額や支払額の差は歴然です。先ほど述べた積立リスク(保険会社倒産や途中解約による積立金が戻ってこない)を考えれば、かけ捨てがいかに良いかがわかると思います。

 

かけ捨てメリットのまとめ

・保険料の安さ
・大きな保障
・見直しが出来る(泥沼から抜け出せるは言い過ぎ?)

 

次回はライフステージ別のオススメ保険です。

Pocket
LINEで送る