海外に投資をした方が良い理由

海外投資

日本ではお金は増えない

始めに下の図を見てください。

 

日本の投資

これは年齢別の貯蓄や負債を表しているグラフです。

高齢者の貯蓄が多く負債が少ないのに対し、現役世代は貯蓄が少なく負債が多いのが現状です。

 

これから経済を支えていく若者世代がこれですよ!

 

マジで日本はオワコン

 

票の欲しさに、高齢者政策ばかりを行ってきた政治家のツケは若い日本国民が背負わされる結末なのです。今政治を行っている方々は潤沢な資産で老後を謳歌するのでしょう。

自分達には関係ないって感じですかね。

 

さらに下のグラフを見てください。

 

海外投資

このグラフは運用リターンを表しています。

 

世界と比べ日本への投資は運用リターンがかなり低い。

つまり日本のマーケットに投資をしても増えないってことです。そんな国に投資をする人はいません。

 

そうなれば、日本にお金が入ってこないだけでなく、日本のお金も海外に出ていくのです。

 

現に私も日本に投資をせず海外に投資をしています。(ちなみに日本から海外のインデックスへ投資先を変えたら運用パフォーマンスがかなり上がりました。)

海外投資

 

 

本当は生まれ育った日本が好きですが、資金があれば日本を出ていきたいとも考えています。

泥船に乗っていては自分や家族が危ないので・・(汗)

年金も確実に破たんするでしょうし・・

 

腑に落ちる!年金が破たんする理由を別の角度から解説します。

 

 

ちなみによく名前を聞く銀行さんで講座開設をしましたがあまり成績は良くないようです。

メガバンクは安心ってイメージがあるかもしれませんが、潰れかけ・3万人リストラなんて事実からも厳しい現状です。

 

大切なお金を預ける投資先は既得権の中でぬるま湯に漬かったメガバンクより、これからの企業を見極める必要がありますね。





Pocket
LINEで送る