法律の裏!ソープランドは合法か?

保証されない将来のために「今」を無駄にしますか?このブログは「世の中の仕組み」や「哲学」「自己啓発」について考えます。

ソープランドの仕組み

日本には売春防止法が制定されています。

 

つまり売春は法に違反します。

 

しかし、ソープランドでは性行為
(本番行為)が行われているのに、
警察は摘発をしません。

 

何故でしょう?

 

それはソープランドは風俗特殊営業と
法律で定められています。

 

そのため「公衆浴場」との位置づけです。

 

えっ!お風呂屋さん?

 

そうなんです。

かつては「個室付き特殊浴場」と
呼ばれていました。
サウナと同じ位置づけです。

 

グレーなシステム

まず客はソープランドの受付にて
入浴料を支払います。

 

ここで店は客に風呂を貸すことになります。

 

その後、ソープ嬢が入浴介助サービスを
行う事になっています。

つまり特殊浴場です。

 

その後はというと・・・

 

客とソープ嬢はお互い意気投合し、
体の関係を持つ

つまり同意の上でSEXすることになっています。

客はソープ嬢に直接サービス料を支払います。

 

そのお金は入浴介助サービスに
対して支払うものとなります。

つまり、ソープ嬢は、金銭を要求した
SEXはしていないので売春にはならないロジックです。

もし店側が売春目的で個室を提供したら
売春防止法に違反となります。

 

これを管理売春と言います。

 

しかし、店はソープ嬢と客が
性交する事は知らないことになっています。

 

ちなみに個人間での金銭のやり取りが
あった場合は単純売春となりますが、
実は罰則がありません。

 

罰則があるのは店などで
人を管理下の元、売春させる行為(管理売春)です。

 

世の中の仕組みはいろいろありますなぁ。

Pocket
LINEで送る