ネムとは?をわかりやすく

 

初めての方は「超初心者のための暗号通貨(仮想通貨)入門」をご覧ください

 

ネム(NEM)とは?

ネム(NEM)は日本ではメジャーな暗号通貨です。
ネムの開発に日本人(1名ですが)関わったことで有名になりました。

実際の通貨名はXEM(ゼム)と言います。

 

ネムの一番の特徴として挙げられるのが報酬発生(通貨発行)の仕組みです。

 

ネムはPOI(proof of Importance)という仕組みが採用されています。

 

POIは簡単にいうとネムの保有量と取引量に
応じて報酬(通貨発行)が発生するという仕組みです。

 

POIだのOOOだの略語ばかりでわかりづらいですよね(汗)

 

しかし、ここは暗号通貨の重要ポイントなので簡単にわかりやすく説明します。

 

POW(proof of work)

ビットコインのブロックチェーンに採用されている仕組みです。

 

POWはシステムが膨大な処理が必要になります。
その報酬として通貨が発行されます。
ブロックチェーンを知れば暗号通貨がわかるを参照

 

画期的な技術ではあるのですが、処理の労力と膨大な電力が必要になります。

 

POS(proof of stake)

POWの欠点を克服したのがPOSです。

 

POSは通貨の保有量に応じて、
報酬が通貨発行発生する仕組みです。

 

POWと比較して電力を節約できます。

 

ビットコインではマイニングによって、
言い換えればマイニングのコスト(電力や労力)への
対価としてビットコインがもらえました。
⇓   ⇓   ⇓

ビットコインのブロックチェーン方式:POW

 

それに対してPOSは電力コストなど削減が
できるようになりました。

 

しかし、1つ問題があります。

 

保有量に対して報酬が発生するので
ただ所有するだけで流通させない人間が
出てくる可能性があります。

 

通貨の流通がなければ経済が
減退するのと同じで暗号通貨も価値が
下がる可能性があります。

 

ここらで一息

 

 

ネムはPOW?POS?

ネムには採掘という概念がありません。
しかし、マイニングをして報酬が
もらえないと参加者は少なくなります。

 

ネムはユーザーが取引した際に手数料
マイニングした人に与えています。

 

それをPOIと言います。

 

POI(Proof of Importance)

ネムで採用している仕組みです。

 

もう一度言います。

 

POIは保有量に加えて、
取引を行っている必要があるので、
流通や普及にも貢献する必要がでできます。

 

このPOIという仕組みは現状の
ブロックチェーン技術の中では
かなり優れた技術として注目を集めています。

 

上記の報酬発生(通貨発行)の仕組みは、
ビットコインなどでは「マイニング(採掘)」
と呼ばれていますが、ネムでは

ハーベスティング(収穫)と呼ばれています。

 

人が使えば通貨の価値が上がる。
価値が上がれば、欲しがる人が増える。
欲しがる人が増えれば、通貨の価値が上がる。

 

画期的なシステムです。

 

前回私はイーサリアムを押しましたが、
正直ネムも外せないです。

 

しかも、値段がイーサリアムの1/100!

今が買い時!!

 

日本一の暗号通貨取引所。ネムも購入できます。
⇓     ⇓     ⇓
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です