【注意!】テレビで紹介している油の間違い。健康に注意!

アブラの新常識

油の事を思い浮かべてください



どんなイメージですか?

こってり、体に悪そう。いやいや、バランスをとれば体に良い。

ハッキリ言ってテレビや世の中の情報にはバイアスがかかっています。もしかするとカラダに良いと言われている油は実は・・

今回はアブラのバイアスを取り払い、本当にカラダによい油についてnoteします。

 

最後に書いてある豆知識、間違った亜麻仁油の効果だけでも見て欲しいです。

 

よく「油」と書いたり「脂」と書いたりするの思います。違いは何でしょうか。


このアブラは「サンズイ」なので、さらっとしたアブラを指します。調理に使うアブラです。常温では液体と覚えましょう。これらを不飽和脂肪酸と言います。


このアブラは「月」なので固形物を指します。お肉やバターなどの塊です。もっと言えば常温では固形です。これらを飽和脂肪酸と言います。

 

 

みんなの嫌いな化学式

一応化学式も書いておきます。嫌な人や知ってる人は読み飛ばしてください。

 

水の場合は

 

飽和脂肪酸とは

その名の通り、たくさんくっついてるアブラです。炭素に水素が全部くっついているのです。飽和状態、だから固まっています。

 

不飽和脂肪酸とは

不飽和脂肪酸には一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸があります。
簡単に言えば一価不飽和脂肪酸は一か所だけ水素とくっつかない場所があり、炭素同士が手をつないでいます。

多価不飽和脂肪酸は複数、手をつながない場所があります。

酸化とは

不飽和脂肪酸は手をつながないと言いました。
では、このくっつかない場所があるとどうなるか?・・

空いているスペースに割込みする者がいます。

そうです。酸素です。

酸素が割り込んできて、たちが悪い事に「酸化」するのです。

酸化とは酸素と反応して酸化物になることです。

例えば鉄が酸化するとサビてしまいます。リンゴを剥いて、そのままにすると酸化して黒くなります。

アブラも同じように酸化することでカラダをサビ付かせます。

 

ここで豆知識

亜麻仁油って知ってますか?

不飽和脂肪酸でオメガ3(α‐リノレン酸)を多く含んでいます。こう言われると「体に良さそう」と思われるかも知れませんが、控えめにした方が良いのです。

実は亜麻仁油は塗料に使われるアブラです。

しかし、アレルギー性疾患を改善した事例があり炎症を抑えてくれると言われています。

さらにアトピー性皮膚炎が改善したことから「美肌効果がある」と間違った噂が独り歩きしているのです。

そしてなぜかテレビにまで取り上げられ、医師までもが便乗しているのです。

医師って・・・ピンキリですね。

 

話を戻しますが、亜麻仁油に含まれているオメガ3は免疫を低下させる副作用があります。

アトピー性皮膚炎の人がいます。

亜麻仁油を摂取し続けた結果、かゆみがなくなったそうです。亜麻仁油すげーってなりそうですが、実は免疫を低下させたからです。

アレルギーは自己免疫性疾患です。

自分の細胞を免疫が攻撃してしまい、炎症を起こした結果です。

それをオメガ3が免疫細胞を低下させることで、炎症を抑えていたのです。

つまり「治す」ではなく「抑えてる」です。

 

かゆみがおさまったという結果をフォーカスすれば良い効果かもしれませんが、免疫を低下させる副作用を考えて摂取しなければいけません。

 

こんな感じで「アブラ」シリーズを書いていきます。

今回は飽和脂肪酸、不飽和脂肪酸について簡単に触れましたが、次回はもう少し深堀したいと思います。

Pocket
LINEで送る