パラリンピックこそ、最高のエンタメ!

パラリンピックのブログ

視野が狭かったころの私です。

「障害があるのに頑張っている」

パラリンピックを見た時の感想でした。今思えば自分の陳腐な思考が残念でたまりません。しかし、ある出来事をきっかけに私の考えが大きく転換しました。

 

義足のジャンパーが健常者の記録を超えたのです!とても感動と興奮を覚えました。

テクロノジーの融合によって、弱者とされた障害者が健常者を超える・・

 

時代の変化が人々に新たな価値をもたらしたのです。健常者、障害者のカテゴライズはもう古い概念かもしれません。

 

障害者競技とされる「車いすバスケ」はとても激しいスポーツです。

まさに格闘技!手に汗握って観ていました。障害者が頑張っているではなく強靭な肉体を持ったアスリートが戦っているスポーツなのです。

看護師ブログ

これは障害者スポーツではありません。そして健常者も障害者も同じ土俵で戦っても良いのではと思います。

垣根を超えた融合・・素晴らしいです。

いつの間にか自分の価値観が「障害があるのに頑張っている」から「アスリートがテクロノジーによって進化している」へシフトしていました。

 

パラリンピックが一つのコンテンツとして力を持ち始めました。まさにエンターテインメント!

 

そして2020年は東京オリンピックです。

 

パラリンピック・オリンピックが東京で開催されます。首を長くしてまっている人は多いのではないでしょうか。

2020年、ウサインボルトを超える記録がパラリンピックででるかもしれませんね。

パラリンピックのブログ

Pocket
LINEで送る