【年金は税金だ】究極の搾取!年金まとめ

年金問題ブログ

金融庁の報告書,年金2000万円必要

夫婦の老後資金で30年間でおよそ2000万円必要だと金融庁が発表しました。しかし、麻生副総理は根拠がないとして報告書を受理しない方針を固めたのです。

 

ところが2000万円が必要との試算は実は厚生労働省が示したものでした。

同じデータは2月に厚生労働省の審議会でも提示され、従来の政府の考え方を踏襲したものだったのです。

 

ってことは政府が「年金が減る、もう国民に支払えない。年金は宛にならないから自分で資産運用して老後の資金を作ってね。」と認めたことになります。

 

まあわかっていたけど・・

 

ではそもそも年金って何?

 

若い世代は払い損、今払っている年金は自分のためではなく、今の高齢者のために使っているのです。

汗水たらした給料から高齢者に支払って、我々は年金がほとんど貰えない・・・(汗)。

国家ぐるみの詐欺ですよ。

年金問題ブログ

 

20代、30代では2000万円の払い損です。

しかもこれは2012年のデータなので、おそらく今はもっと増えていると思います。

 

もう高齢者を支えるための税金だと思うしかありません。

 

自分が年金を貰えるなんて1mmも思っていませんが、実際に目の当たりにするとイラっときます。

年金を払うと障害年金制度があるので、仮に障害で寝たきりになったら年金はもらえますが。

極論です・・

 

年金の仕組みを斜めから

年金の仕組みはどのサイトをみても、同じような事を書いていますので、少し角度変えて説明します。

 

現状の年金は平均年齢より早く死ぬと払い損となります。その損が長生きした人に分配される仕組みです。

 

長生きするとそれだけ年金がかかる・・・

 

なんか触れてはいけない部分な気がしますが、事実はそうです。

早く死ぬと払い損の年金分が浮く、寿命が延びれば当然費用が掛かる皮肉なシステムなのです。

合わせて読みたい高齢者就業率

 

さらに言えば、年金は世代間の扶助です。

 

日本の人口動態からみれば破たんするのは必至!

 

政府も知ってるでしょ!

・・・

・・・

 

ねずみ講だ!

ポンジスキームだ!

ポンジ・スキーム(英:Ponzi scheme)とは、詐欺の一種。「出資してもらった資金を運用し、その利益を出資者に(配当金などとして)還元する」などと謳っておきながら、謳っていることとは異なって実際には資金運用を行わず、後から参加させる別の出資者から新たに集めたお金を(やはり運用せず)以前からの出資者に“配当金”などと偽って渡すことで、あたかも資金運用が行われ利益が生まれてそれが配当されているかのように装うもののこと。投資詐欺の一種に分類され、日本語で「自転車操業」と呼ぶような状態に陥り、最終的には破綻する。Wikipediaより

 

このような状態で年金を払う意味はありますか?

 

もう年金との概念を捨てて、年金という名の税金と思った方が合理的ではないでしょうか。



PS
年金問題から増税が必要って持っていくのかな?
資産運用を効率的に行うには海外に投資した方が得策です。

海外投資が良い理由



Pocket
LINEで送る