哲学や名言をまとめてみました。

出来事に意味はない。そこにどう意味をつけるかだ

良い言葉だ

 

世の中の99%は仮説!

見たこと・行ったことに後から理由をつけている、
それが世の中です。

 

今回は自分の哲学や座右の銘・
偉人の名言など人生観を変えてくれる言葉を書いていきます。

 

哲学とは世界・人生などの根本原理を追求する学問。各人の経験に基づく人生観や世界観。また、物事を統一的に把握する理念。

 

座右の銘は自分の心に留めておいて、
戒めや励ましとする言葉です。

 

哲学と座右の銘は兄弟のような存在ではないでしょうか?

 

 

では早速・・・

 

失敗とは行動しない事

これは日本人に多い印象があります。

 

失敗を恐れて積極的に行動しない、
安全パイを取る人のことです。

 

「ファーストペンギン」って
言葉があるように行動するからこそ、
成功がやってくるのです。

 

 

木を見て森を見ず

私が働いている職場がまさにそうです。
事象に対して思いつきで動いています。

 

OOが起こった、するとOOに対して
のみ考え行動しています。

 

原因にはフォーカスしない(汗)

 

まるで火事が起こっても火に
消火栓を向けているよう。

 

火元を消化しなければいけないのに・・・

 

 

愛の反対は無関心

マザーテレサの言葉です。

 

これはかなり深い!

 

愛の反対は悪でもなく
憎しみでもなく「無関心」

 

人に全く認知されないほど
辛いことはないと解釈しました。

ƒ

 

人は何かに属してないと自分を見出せなくなる

所属の欲求って言葉があるように、人には自分の居場所が必要です。

 

自分の存在価値は?

 

存在価値は他人に認められて生まれるもの。

 

後日記事を書きましがこれからの
時代はコミュニティの重要性が増すと考えます。

 

 

情けは人の為ならず

多くの人が勘違いをしているようです。

「情けをかけるのは人のためではない」
ではありません。

巡り巡って自分に返ってくるとの意味です。

 

こんな話があります。

 

戦時中に食べ物に困っていたAさんがいました。

 

ある時隣に住んでいるBさんが
「子供が病気です。食べるものがなく死にそう」
と言われ、自分の食料を分け与えました。

 

それから40年が過ぎAさんは
重い病にかかりました。

 

しかし、治療するお金がありません。

 

死を覚悟したとき、ある男性が
治療費を払ってくれました。

 

その人は・・

 

戦時中に食料を分け与えたBさんの子供でした。

 

Bさんの子供は
「父からAさんが私のことを
助けてくれたと聞きました。
いつか恩返しをしないとと思っていました。」と。

 

人のために行った行為は、自分に返ってきます。

私はまだ帰ってきませんが・・

 

 

強い者が生き残るのではない、変化した者が生き残る。

ダーウィンの有名な言葉です。

 

ホモ・サピエンスがネアンデルタール人に勝った理由の変化です。

 

その環境に、時代の流れに対応
できたものが生き残る。

 

今や銀行ですら無くなろうとする時代です。

 

銀行が淘汰され変わりに
AmazonやLINE、メルカリなどが
銀行化するでしょう。

 

ビル・ゲイツの言葉です。

 

銀行業は必要だが銀行である必要はないとの言葉があります。

 

変化したものが生き残る

 

 

 

知識を得るのが重要ではなく、知識を活用する事が重要

最近多いのがノウハウコレクターです。

 

何かしなければと思い
セミナーに頻繁に行く人、
資格マニアなど見かけます。

 

しかし、そんな人に限って行動しない。

 

得た知識を活用してこそ意味がある。

 

 

Pocket
LINEで送る