不動産価格が下落すると思います

私はタイトルのように、近い将来不動産価格の大暴落が起こると思っています。

 

理由は2つ!

 

1、少子高齢化・人口減少
2、自動運転

 

1はよく言われていることです。

 

人が減れば買う人が減ります。

 

更に超高齢者化社会、空き家問題は必至!
空き家が増えれば土地が余ります。

余るということは需要<共有=価値の低下が成り立ちます。

さらに若者の物欲が薄れています。

 

もう戦後の国策であるマイホーム信仰にひっかかる人は少なくなるでしょう。

 

私の知人は数年前にマンションの
一室を購入しました。

 

家賃収入目的です。

 

当時不動産屋に言っていたそうです。
「マンションを一室でも持っておけば安定的な収入が入る」と・・

 

去年あたりでしょうか、アパート経営で家賃収入を得ようとする動きが流行りました。

 

結果は・・・惨敗(テレビ情報です)思うような収入は得られず、ローンだけが残る羽目に。もちろんうまく収入を得ている人もいるとは思いますがほんの一握りでしょう。

 

もし私が不動産屋だとして仮に儲かる物件があるのなら一般には公開しません。

 

儲かるなら自分で家賃収入を得た方が得だからです。

 

家賃収入が得られないような不安定要素があった場合、第三者に購入と募り売却します。

 

 

さて2はどうでしょうか?

 

遅くても10年以内にほぼ自動運転となるでしょう。
どう考えても自動運転の方が効率的かつ安全です。
(今回は自動運転ではなく不動産ネタなので語りませんが)

 

みなさん、車一台の稼働率って知っていますか?

 

実は車が動いている時間は1/10程度なんです。

 

 

つまり車ができて役目を終えるまで90%は止まっているってことです。

 

ってことは単純計算で車は現在の1/10台あれば良いのです。
自動運転となればシェアすることになるので、今の台数は必要ありません。

 

エコですね。

 

そして車が減れば当然駐車場も必要なくなります。

 

単純計算で今の1/10あれば良いでしょう。
つまり現在の駐車場が必要なくなります。

 

ってことは駐車場が余る→不動産が余る→不動産価格低下の流れになることは否めないでしょう。

Pocket
LINEで送る