3日で退職!そこから人生のコスパを考える。

4月から異動で新しい職場になったのですが、3日で行かなくなりました。

なぜって・・・

まぁ理由は伏せておきます。

今回伝えたいのは愚痴ではありません。様子をみずに3日であきらめた理由について、費用対効果の視点でnoteしたいと思います。

 

皆さまは仕事探しで失敗したことはありますか?

職探しのため情報収集をしたり、見学に行ったりと行動したと思います。

しかし、実際に働かないと見えてこない部分ってけっこうあります。情報はほとんどが美化されているので、あてにならないでしょう。

 

もし新しい職場が自分に合わなかったらどうしますか?

1、様子を見る(多そう)
2、我慢する(これも多いかも)
3、良いところを探す(ポジティブな人はできるかも)
4、良い職場環境へと働きかける(最初から行うと既存スタッフとの軋轢ができる)
5、そのうち慣れる(実は怖い事です)

私の経験では1,2を実行します。慣れてくると余裕が出来るので3へ移行します。その頃には信用が得られているので既存スタッフの承認欲求を刺激しながら4へビジョンを移します。

これが私の勝ちパターンでした。
*手前味噌ですが、私は我慢強いと言われています。

 

5はとても怖いと言ったのには理由があります。

例えば新しい職場が明らかにおかしなことをしていたとします。「郷に入っては郷に従え」と間違った迷信を信じて、自分のマインドに刷り込んでしまうとどうなるでしょうか?

いつの間にか、「おかしなこと」が当たり前となり、自分の常識へと変容してしまうのです。

つまりレベル低下になります。

良く「俯瞰すると良い」と言いますが、中心に入ってしまうと盲目になってしまうのが人間の弱さです。だからこそ外から見る目(俯瞰する)が必要なのです。

この事からも5は非常に危険と言えるでしょう。

 

今回の職場で過ごすには我慢して慣れるしかありませんでした。「変える」ことは非常に厳しくかなりの年月を費やすと感じました。

その割には成果が少なく費用対効果が得られません。

つまりコスパが非常に悪いのです。

 

仮に我慢して仕事をしたとします。すると私に対して「教育」が発生します。業務はもちろん、ルールや物の位置さえわからないのですから。

その教育は受け手と送りての状態によって「投資」にも「コスト」にもなります。

今回の私は我慢することと慣れることが必要でした。

すると職場からすれば投資ではなく「コスト」になります。嫌な仕事となった以上、私からは生産性が生まれません。

よって教える時間や人件費がコストとなります。

 

私にとっても自分の時間を消費する「コスト」になってします。

我慢することによってストレスが生じ、精神的・肉体的な損失が生まれます。もしかすると未来にも影響をしかねません。

であれば「決断は早い方が良い」が私にとっても職場にとっても有益であると判断しました。

いわゆる損切です。

損切とは株式投資の用語で自分が投資した株が下落したとき、これ以上値が下がる前に売却して損失を最小に抑える行為。もしかすると上がるかも?と売らずに待っていると、さらなる下落で損失が拡大するリスクがあります。

 

たった3日で辞めたの?

数人に言われましたが、私は良い判断をしたと満足しています。

損失を最小に抑え、新しい未来へと動けたからです。もし辞めなければコストだけがかかり、貴重な時間を費やして今します。病気になってしまうリスクもあります。

新しい未来が開けないのです。

 

ちなみに今は良い職場が見つかり、楽しく仕事が出来そうです。

新しい職場を見つけられたのも、3日で辞めた職場があったからこそ出会えたので、良いきっかけでした。

Pocket
LINEで送る