ソープランドのボーイの仕事

保証されない将来のために「今」を無駄にしますか?このブログは「世の中の仕組み」や「哲学」「自己啓発」について考えます。

世の中には多くの仕事があります。

販売、営業、医師などなど・・

言ったらきりがありません。

仕事の中には人に言えない仕事や
認知されていない仕事まで数多く存在します。

 

その中で一般的に知られていない
ソープランドでのボーイ体験を
聞くことが出来たので、
このnoteに書いてみようと思いました。

 

世の中の仕組みや情報を知るとの意味で書いています。アダルト系の記事ではありませんのでご了承ください。

 

1、どんな人が働いている?

皆様のイメージでは裏社会って感じですかね。

 

確かに社会からはみ出てしまった
人が多いのは事実だと思います。

元ヤクザ、サラ金で逃げている人、
会社の仕組みに適応できずに流れついた人など。

しかし、真っ当に働いたけど会社が
倒産した人やリストラにあった人も
最近は増えていると言われています。

 

50代で手に職もなく雇ってくれる
ところはほとんどありませんから・・

ちなみに上下関係は厳しいようです。

だいたいは店の寮で数人が暮らすようです。
年に関係なく一番下っ端は食事や風呂の準備をします。

 

もちろん風呂は最後、さらに布団敷きもするようです。

 

 

2、給料は

求人情報を見ると月給30~40万となっています。

 

まぁほとんどの店では、提示金額の通り
もらえることはないと言っています。

 

だいたい日当計算で1万円が相場のようです。

ここがポイントなのですがソープランドに
流れてくる人の多くはお金がなくその日暮らしです。

 

そのため今日ごはんを食べるお金がありません。

 

ソープランド従業員給料の特徴ですが
その1万円から3千円を先に前払いする仕組みがあります。

もちろん頑張り次第でリーダーや
マネージャーへ昇格します。

さらに自分の顧客が付けば来店ごとに
指名料(ボーイへの)がもらえる店も増えてきました。

 

そのため月100万以上稼ぐ人もいるようです。

 

 

3,どんな仕事?

1)掃除や準備
部屋の掃除がメインだと言っていました。

とにかく部屋の清掃がきついようです。

客やキャストが散らかしたものの
片づけや風呂・床・ベッドの清掃、
シーツ交換など。特にローションの
滑りを取る作業が大変なようです。

清掃をスーツを着た状態で行ったり
階段の昇降がさらに負荷をかけています。

 

2)備品準備
店内の備品整理も大変です。

客へのドリンクやおしぼり、
キャストがサービスに使う
グッズなどもボーイが揃えます。

人によると思いますが、
足りない備品を買いに行く
仕事は外の空気が吸え、
気分転換になるようです。

 

3)接客
一番つらいのは真夏に黒く服を着て
店外での呼び込みだそうです。

しかし、法律で客引きは禁じられているため
店のエリアから出てはいけないなど制約があるようです。

なんでも警察が見張っているみたいですよ。

 

 

4、キャストとの関係は?

ボーイとキャストが交わる場面は
出勤時間と部屋の清掃の時です。

しかし、ボーイとキャストは
挨拶以外は話をしてはいけないルールがあるようです。

このルールはかなり厳しいようで、
破ることはダブーとされています。

そしルールを破ると結構危険のようです。

 

ある日を境に行方不明になったとか・・

 

この業界は他店とのつながり
(情報共有)があるそうですが、
中にはキャストとボーイが音信不通に
なることもあったようです。

2人で夜逃げですかね。

ちなみに仕事のきつさから
ボーイが来なくなることも多々あるようです。

業界用語で「飛んだ」と言います。

 

どうでしたか?

私は知らない世界の事情が知れて面白かったです。

その反面、怖い世界だとも感じました。

しかし、良い悪いではなく仕事として
成り立っている以上は必要な仕事であり、
働く人も役割が存在すると考えます。

 

また面白い話があればブログに書いていきます。

Pocket
LINEで送る