社会保障から年金を考える

社会保障の維持

まずは仕組みを簡単にまとめます。

健康保険を考えてみると我々は病院に罹った時の支払いは3割負担です。7割分を支払っているのが国です。

この社会保障によって我々は簡単に病院に行けるのです。国によっては日本のように社会保障がなく病院へ行くと高額な料金が発生するために病院へ罹れない人もいます。

国はみんなからお金を集めて、必要なところへ支給しています。

 

年金も同じ考えなのですが、現状はそうではありません。下の図はみなさんも良く見るのではないでしょうか。

 

 

本来なら「負担分=給付」となるのが原則ですが、現状はアンバランスが生じています。

 

日本は少子高齢化、需要が供給を上回ったためですが、さらに原因があります。

 

 

日本は小負担・中給付

社会保障問題は少子高齢化だけではありません。日本は少ない負担額で多い給付を貰っている国なのです。このミスマッチを国債という借金で賄っています。

 

これが良く言われる問題の先送りです。

 

若い世代から見ると、20万円の給料をもらって支払いが30万円

高齢者から見ると、20万円の負担で30万円の給付が貰える。

 

この問題を是正しなければならないのですが、政治家は動けません。

なぜなら自分達が選挙をするとき、投票するのはほとんどが高齢者です。

勝つためには高齢者の支持が必要、つまり高齢者が喜ぶ政策をしなければならないのです。

 

これから日本を支えるのは若い世代なのに・・

 

お金の動き、経済の動向はこれからも学んでいかなければいけませんね。




世界67カ国TOP6%の FPをご紹介『保険田マイケル』

Pocket
LINEで送る