思考を変えれば価値が生まれる。

保証されない将来のために「今」を無駄にしますか?このブログは「世の中の仕組み」や「哲学」「自己啓発」について考えます。

いきなりですが海外の大企業を例に考えてみます。

時価総額ランキングを見ると
IT企業が独占しています。

Google,Apple,amazon,Facebookなどなど・・

私が生まれたころとは大きく変化しています。
おそらく誰もが予想できなかったことでしょう。

昔は狩猟民族でしたが、
やがて農耕技術を得て農業が仕事になりました。

18世紀には産業革命により
機械化になりました。

そして現在はIT・AI・
ブロックチェーンテクノロジー
による新たな革命が起こりました。

テクノロジーによって新しい
技術やサービスが日々生まれています。

インターネットの存在は我々の
働き方を大きく変えました。

そしてこれかさらに変化をもたらすでしょう。

なぜならITリテラシーの低い社畜の
私ですらITの力を借りて働き方を
変えようとしているくらいですから(まだ結果は出ていないですが・・)

昨今「ノマド」という仕事の概念ができました。

本来は遊牧民との意味ですが、
日本ではカフェでPCを使って時間の
制約を受けずに仕事をしているイメージが強いかと思います。

他にもフリーランス、
パラレルワーカーなどの
ワードも一時期バズっていました。

ちなみにアメリカでは人口の約半分が
フリーランスになると言われています。

先ほども述べたように私ごときでさえ、
ココナラやランサーズを使っています。(客としてですが・・)

 

それらを踏まえて質問ですが
「ティール組織」って知っていますか?

大企業を例にとって説明します。

現状の組織は上司からの指示で仕事をこなす、
何かプロジェクトを行うときは上司の
許可を取ってから実行するスタイルが
ほとんどではないでしょうか。

ヒエラルキー構想に近いスタイルを
採っていると感じます。

「達成型組織」とも定義できそうです。

一方、ティール組織を超ザックリ言うと
「社長や上司が指示やマネジメントをしなくても、
各自が組織の目的実現に向けて
進むことが出来ている集団。

会社全体で創意工夫が出来ている組織」のことです。

みんなの立場がフラットでお互いが
意見を言い合える集団。

プロジェクトベースに自然に集まり
実行する集合体、いわば生命体のような組織です。

さらに働き方を深堀します。

「ブロックチェーンテクノロジー」って知っていますか?

ブロックチェーンを説明すると
長くなりすぎるので割愛しますが、
お互いがつながりあう、
組織に属さず誰もがフラットな立場です。

自律分散型ともいわれています。

ビットコインやイーサリウムなどの
仮想通貨を実装しているプログラムがブロックチェーンです。(これも超ザックリです)

「ティール組織」
「ブロックチェーン」

ってワードが出てきましたがお互い近い概念です。

これらの特徴は既得権益者の存在がない、
一般の人が活躍できる仕組みです。

縦割り社会ではなく横のつながりです。

今までぬるま湯につかっていた
既得権益者や天下り人間は必ず
淘汰されるし仕組みとも言えます。

「ダイバーシティ」ってワードがあります。

多様性・多様な人材の活用って意味です。

そして当たり前のようで、
できていないのが日本です。

前に何かの記事で経団連について書いてありました。

経団連の幹部はほとんど
が60歳台男性、
大手企業出身、
東大卒だそうです。

これを聞いて皆様はどう思いますか?

「すげー、エリート集団」って思います?

ハッキリ言って超が付くほど
ダイバーシティが低いです。

日本のトップがこんな感じだから
今の日本がこの結果です。

日本は島国で移民を受け入れない
単一民族国家だから多様性が弱いのですかね。

「出る杭は打たれる」日本社会!

昔タイに行ったときジャパンブランド
を感じましたが、今では見向きもされません。

バンコクは銀座より客単価が高いと感じました。

そしてタイの富裕層の方が
日本の富裕層より上を行っています。

なんか不安になってきましたが、
以上をまとめると働き方を変えるマインドが見えてきました。

・現状の組織構造をぶっ壊す
・みんながフラットな立場
・横のつながりを大切にする
・多様性を尊重する

私事ですが、現在看護師として病院勤務をしています。

私はいくつかの職を踏んでこの業界に入りました

。感想は「鎖国的」です。

固定概念が強く非常識です。

主観と思い付きで動いているように感じます。

政治経済や世の中の動きがわかりません。

そして独自の文化があります。
(って言うと怒られそうなので「一部の看護師は」としておきます。)

現状の診療報酬、国からの援助などで
回っていますがデフォルト寸前の
日本でいつまでこの状況が続くのでしょうか?

看護師が看護師の仕事ができなくなれば、
他の仕事に応用できる力はないと感じています。

しかし、考え方を変えれば働き方が
変わると確信しています。

少し視点を変えるだけで見える景色は違います。

そこに近づけるかが鍵となるでしょう。

現在私の所属する部署では「働き方改革」
と題して、上記で述べたような
プロジェクトを仮説を立てて実行しています。

一般の社会人ならともかく看護師は
どうなるのか2019年3月に結果が出るので楽しみにしてください。

Pocket
LINEで送る